第二の人生を楽しむためのプラスな生き方を考える

五十代後半になり、そろそろリタイアのことも考えないといけない歳です。リタイア後の人生をより楽しくするプラスな生き方を考える

小説を読もう「書店ガール3 碧野圭」の言葉表現

小説が好きで、表現をの仕方まとめただけの資料です。

無言のまま積み重なっていく嘆きは、こころの奥深くに沈殿し、ゆっくりとその人を蝕んでいく。

市川は口を一文字にして考え込んだ。市川にしたら面倒な提案だったかもしれないと思った理子は、すぐに言葉を足した。
「ものは悪くないのよ。被災者の方たちが工夫してひとつひとつ丁寧に作っているし、商品として十分売る価値のあるものだと思う。だけど、それを売るための販路がないというから、沢村さんとしては協力したい、って言うんだけど」