第二の人生を楽しむためのプラスな生き方を考える

五十代後半になり、そろそろリタイアのことも考えないといけない歳です。リタイア後の人生をより楽しくするプラスな生き方を考える

小説を読もう「真相 横山秀夫」の言葉表現

「真相 横山秀夫」の表現をまとめただけの資料です。 書き出し 篠田佳男は灰の伸びた煙草をくわえ、自分のデスクで目を閉じていた。五秒でも十秒でもいい、ゆうべの夢の続きが見れないものか。半分は本気で考えていた。 佳彦……。 昨夜の再会は数瞬だった。照…

手相からの物語 ストーカー

高い位置から出て長い感情線を持つ男、安達信一郎の恋愛の話です。 信一郎の手相は感情線が長く頭脳線が短いのが特徴で感情が強い人です。感情線が高い位置にあるので感情のままに即行動するタイプです。 感情がポジティブに向かっている時は、仕事でも恋愛…

小説を読もう「降霊会の夜 浅田次郎」の言葉表現

「降霊会の夜 浅田次郎」の表現をまとめただけの資料です。 しばしば同じ夢を見る。 たそがれどきであろうか、あたりは橙色のうら悲しい光にくるまれており、私は見知らぬ女に導かれてひたすら歩んでいる。 どこへ行くのだ、と訊ねても答えはない。しかし行…

手相からの物語 スーパーサワダの登場人物と手相と特徴

スーパーサワダ 登場人物の手相と特徴北村清次 55歳 スーパーサワダの精肉担当チーフ 生命線の張りだしの大きさや、強さから見て体力があり、健康。生命力の強さがわかる。運命線が強くなっているので、少し頑固な面もある。奥さんを亡くして娘の佐和を一人…

生命線と頭脳線の起点部分が重なっている人の恋愛話

生命線と頭脳線の起点部分 生命線と頭脳線は、どちらも親指と人差し指の付け根の間を起点にして伸びています。その起点が同じ位置から重なっている場合と離れている場合があり、この重なり具合や離れ方により、その人の慎重さ、大胆さがわかります。 ここか…

小説を読もう「仮面同窓会 雫井脩介」の言葉表現

「仮面同窓会 雫井脩介」の表現をまとめただけの資料です。 美郷は小さくうなずき、それから光を取り戻した瞳を洋輔に向けた。 「でも、洋輔くんもそういうとこあるよね」彼女はくりっとしたアーモンド形の目に高校時代の瑞々(みずみず)しさを今も残していた…

小説の書き出し「仮面同窓会 雫井脩介」

「仮面同窓会 雫井脩介」の書き出しをここに残しています。 十年近く経った今でも思い出す。 西に傾いた日に照らされてアスファルトが黄色く光っている。 白いウェアに身を包んだテニス部員たちが連なって軽快に走り抜けていく。 その向こうにあるグラウンド…

長~い友が去る

「俺もそろそろ、ここから去ることにするわ」「えっ、先輩も去ってしまうんですか、みんな居なくなって寂しいです。もう少し頑張って下さいよ」「ここは居づらくなって、そろそろ限界なんだ。お前も無理してるんだろ。体が真っ白になってるぞ」「確かにきつ…

裸の王様は、なぜ裸でパレードしたのか

男から電話があったのは3日前だった。俺に聞きたいことがあるから、会いたいと言う。俺は暇な人間だから、いつでも良いと伝えたら、男は今日の午後を指定してきた。「へぇー、君はジャーナリストなんだ。かっこいいな」 男とは自宅近くのコーヒーショップで…