第二の人生を楽しむためのプラスな生き方を考える

五十代後半になり、そろそろリタイアのことも考えないといけない歳です。リタイア後の人生をより楽しくするプラスな生き方を考える

超短編小説 ロボット化計画

新井孝夫は最終電車に乗っていた。つり革にぶら下がるような体制で立ち目を閉じてうなだれていた。うなだれているが落ち込んでいるわけではない。口元は笑っていた。 ガタイのいい男が社内で目を閉じうつむいて笑っている姿は不気味だ。他の乗客は孝夫から少…

小説を読もう「夢をかなえるゾウ 水野敬也」の言葉表現

夢をかなえるゾウ 水野敬也さんの夢をかなえるゾウの表現をまとめただけの資料です。 「おい、起きろや」 聞きなれない声に目を覚ました僕は、眠気で重いまぶたをゆっくりと持ち上げた瞬間、眼球が飛び出るかと思うくらいの衝撃を受けた。「お前、だれ」 大…

小説を読もう「ラプラスの魔女 東野圭吾」の言葉表現4

東野圭吾の小説が好きで特に表現のしかたに憧れています。そんな表現をまとめただけの資料です。 ラプラスの魔女 (角川文庫) 著者 東野圭吾 (著) 「いや、しかし……」 「名刺のようなものを受け取ったとおっしゃいましたよね」桐宮玲は青江の言葉を遮り、…

小説を読もう「ラプラスの魔女 東野圭吾」の言葉表現3

東野圭吾の小説が好きで特に表現のしかたに憧れています。そんな表現をまとめただけの資料です。 ラプラスの魔女 (角川文庫) 著者 東野圭吾 (著) 会って話したい、と中岡はいった。当然のことながら、羽原は用件を訊いてきた。ここで手の内を見せるのは…

小説を読もう「ラプラスの魔女 東野圭吾」の言葉表現2

東野圭吾の小説が好きで特に表現のしかたに憧れています。そんな表現をまとめただけの資料です。 ラプラスの魔女 (角川文庫) 著者 東野圭吾 (著) 那須野はホームに降り立った。予想したよりも寒くはない。冷たい風が、少し火照った顔に心地よいほどだっ…

小説を読もう「ラプラスの魔女 東野圭吾」の言葉表現

東野圭吾の小説が好きで特に表現のしかたに憧れています。そんな表現をまとめただけの資料です。 ラプラスの魔女 (角川文庫) 著者 東野圭吾 (著) 細かい振動で目を覚ました。瞼を開けると、見慣れないものが目の前にあった。それが車の天井だと気づくの…

超短編小説 愛縁奇縁(あいえんきえん)

「あー、見つけたぁ、真由~」 高橋彩花は小さく手を振りながら早足で歩いてきて、酒井真由の席の横に腰を下ろした。真由は大学の講義が終わりノートや教科書をトントンと揃え片付けているところだった。彩花とは大学に入学してから知り合ったのだが、人見知…

超短編小説 噂(うわさ)

「山中、こないだのテストの成績が学年トップじゃないか、凄いなぁ」 昼休み、僕の前に座る宮川が後ろに座る僕に体を向けて、そう言った。 「ありがとう」 僕は礼を言った。 僕、山中和也は、この間のテストで学年トップの成績をとった。これまではベストテ…

おすすめの一冊、夢をかなえるゾウ

自己啓発本はいろいろありますが、普通の自己啓発本とは違います。簡単に言えば笑える自己啓発本です。 主人公は平凡なサラリーマン。彼は自分が変わらないと成功出来ないと自己啓発本を読んではいたが、三日坊主で終わってばかりだった。 そんな時、先輩の…