第二の人生を楽しむためのプラスな生き方を考える

五十代後半になり、そろそろリタイアのことも考えないといけない歳です。リタイア後の人生をより楽しくするプラスな生き方を考える

同窓会

山脇俊太 こんなに早くに会社をあとにするのは久しぶりだなと山脇俊太は腕時計を見た。最近は新商品開発チームのリーダーとして仕事が山積し残業が当たり前になっていたので、やり残した仕事があるのではないかと少し不安になったようだが、そんな気持ちを振…

小説を読もう「虹の岬の喫茶店 森沢明夫」

「虹の岬の喫茶店 森沢明夫」 昨年森沢明夫さんの夏美のホタル (角川文庫)を読んで、表現の美しさや優しい気持ちになる文章に感動したので、森沢明夫さんの本をもっと読みたいと思い、この本を読むことにしました。岬にポツンとある喫茶店。決してきれいな建…

小説を読もう「64(ロクヨン) 横山秀夫」

64(ロクヨン) 横山秀夫 『半落ち』を読んで感動したので、 横山秀夫さんのもう一つの代表作 『64(ロクヨン)』を読んでみたくなりました。64(ロクヨン)とは、 わずか一週間しかなかった昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件のこと。 そして、14年たったいまも犯…

チーズが好きな妻と揚げ物や肉が好きな私の二人が喜ぶ、チーズをはさんだミルフィーユ豚カツ

自分で料理すると、自分の食べたいものが作れるが、妻のことも考えないといけない。 私は豚カツや焼き肉など肉と揚げ物が好みだが、妻はそれだけだと重たいみたいで、アスパラを巻くとかジャガイモを巻くなどが良いみたい。 今日は妻の好きなチーズと大葉を…

自分の得意を売ることで第二の人生を有意義にする

自分の持つ得意を売ることで、新しい可能性がきっと広がる。「あなたの得意は何ですか?」と訊かれて、すぐにこたえられる人が羨ましいと思ったものです。私はどこにでもいる会社員です。得意なことが何もなかったです。しかし、いろいろ、いろいろ、いろい…

第二の人生を有意義なものにしようと手相家を目指したが、私の実力が中途半端なので諦めた

第二の人生のために手相家を目指してましたなぜ、手相家を目指したのか 手相家を目指した理由ですが、若い頃に、ある事がきっかけで手相に興味を持ち学んでいたので、それを生かせるのではないかと思ったからです。 そしてネットが充実し自分のスキルを売る…

ピーマンが大量にあったのでピーマンにケチャップライスを詰めてみました。

⚠️料理が出来れば定年後の楽しみになるのではと思い、始めた料理のレシピですので、このレシピは本格的な物ではありません。ピーマンにケチャップライスを詰めてみました。 スーパーの詰め放題で買ってきた大量のピーマンを使ってほしいという妻の要望があり…

肉団子の中にミニトマトを入れて作ってみたが、中に入れる意味はなかった。

⚠️料理が出来れば定年後の楽しみになるのではと思い、始めた料理のレシピですので本格的な物ではありません。 超とドのつく素人料理です。 テレビ番組でミニトマトを肉団子に入れていたのを見て作ってみようと思い作ってみましたが材料 合挽きミンチ 200g ミ…

糖質制限を意識して、小麦粉を使わないお好み焼き?を作ってみたら美味しかった

⚠️料理が出来れば定年後の楽しみになるのではと思い、始めた料理のレシピですので本格的な物ではありません。 超とドのつく素人料理です。小麦粉を使わないお好み焼き 材料 豚こま肉 100g キャベツ 1/2 長芋 400g ゆで中華麺 2人前 卵 1個 天かす 適量 かつ…